衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

「黄砂」が肌荒れを引き起こす!?

上田式美容鍼灸Ⓡ、衣笠仲通鍼灸接骨院院長の加藤宏です。

「目のかゆみ」「鼻水」「くしゃみ」…etc.といった症状、花粉症にしてはずいぶん長引いているような、と思われたらもしかしたら「黄砂」の影響かもしれません。

 

 

「黄砂」って何?

黄砂とは、中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠、黄土高原などの土の事で、その色と空気中に飛散すると細かい砂のようになるので黄砂と呼ばれます。

砂漠地帯の生活環境や農業に影響するだけでなく、大気中に舞うと黄砂が核となる雲が発生し、その雲が雨として降る事で地球全体にまで悪影響を及ぼします。

特に、海へ流れ込むと海洋の生態系にも影響すると考えられています。

 

砂漠の土壌の状態と大気の気流の条件が整うと風によって大気中に巻き上げられ飛ばされます。

日本へは偏西風に乗ってやってきます。

「黄砂」と言うと黄砂自体を指す場合、またはこのように大気中に舞い上がりそれが地上へ降って落ちる現象を呼ぶ場合も有ります。

 

 

「黄砂」はいつ頃飛んでくる?

砂漠で砂嵐が良く起こるのは2月から3月にかけてです。

日本に黄砂が飛んでくるのはその頃が多くなります。

大体4月がピークとなり、次いで3月、5月が多いです。

夏ごろにはほとんど見られなくなります。

 

「PM2.5」とは?

黄砂と共に、良く名前を聞くようになったのが「PM2.5」。

黄砂が飛ぶ時期にこちらも多く日本に飛んできます。

 

黄砂は、それ自体は細かい砂で、今までは黄砂の被害と言えば空が黄色くかすんで見える、車のボンネットや洗濯ものに付着して黄色くなる、などの被害くらいでした。

 

現在では黄砂だけでなくPM2.5が一緒に飛んでくる事が問題になっています。

「PM2.5」とは、直径が2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)以下の粒子状の大気汚染物質の事を言います。

 

非常に小さい粒なので、体内の奥にまで侵入し、様々なトラブルの原因になります。

 

体に対する黄砂の影響とは?

黄砂は空気中に含まれ、体に付着して症状を起こします。

 

鼻から入れば「鼻水」「くしゃみ」、口から入ると「ノドの痛み」、目に入ると「目のかゆみ」「」などを引き起こします。

さらに呼吸によって体内へと侵入し、気管支や肺などに影響すると喘息が悪化すると言われます。

 

黄砂に含まれる「二酸化ケイ素」によって炎症が起こると花粉症のようなアレルギー症状が出る事もあります。

 

黄砂にPM2.5が合わさるとさらに体への悪影響はさらに強くなります。

 

呼吸器系の症状や目のかゆみ、くしゃみなどを悪化させます。

さらに、血液に入ると身体中を巡り、血管や心臓などの循環器系への影響が出る事、さらに心筋梗塞肺がんとも関係が有ると言われています。

 

 

気になるお肌への影響は?

花粉によって起こる「花粉症皮膚炎」のように、黄砂やPM2.5もお肌にダメージを与えます。

 

お肌は風を受けると水分を奪われてしまい、乾燥肌が進行します。

乾燥したお肌はバリア機能が低下し非常に敏感になっていますが、そこへ風に乗って黄砂が付着する事でお肌へのダメージは悪化します。

 

お肌にダメージを与える黄砂やPM2.5が付着すると、お肌は防衛反応として「活性酸素」を発生させます。

活性酸素は強い酸化作用を持ち、体内に侵入した細菌やウイルスを退治するという大切な役割が有ります。

しかし、その量が増えると健康な細胞やDNAにまでダメージを与えてしまいます。

 

例えば、お肌のハリを保つ真皮層のコラーゲン線維やエラスチンといったタンパク質を破壊してしまうとお肌のハリが低下し「しわ」「たるみ」の原因になります。

 

活性酸素の刺激は色素沈着を進行させ、シミが悪化する原因にもなります。

酸化とは「サビ」、体内で参加が進むのは体がサビつく事、つまり「老化」を進める事です。

 

 

黄砂からお肌を守るには?

黄砂やPM2.5の飛散量は4月をピークに、本格的な夏にはあまり見られなくなりますが、その前の五月はまだ多くみられる場合があります。

さらに、五月はゴールデンウィーク、特に今年(2019年)は10連休と長い方も多く、生活のリズムがいつもと違い自律神経のバランスが崩れがち。

四月に仕事や学校など環境の変化が有った方はなおさらです。

自律神経の乱れはお肌のターンオーバーの乱れにつながり、お肌は非常に乾燥しやすくなっています。

 

乾燥して敏感になっているお肌に黄砂やPM2.5などの刺激や、紫外線の照射量も増え、お肌にとって非常に厳しい時期に入ります。

しっかり守ってあげないと、様々な肌トラブルに悩まされることになります!

 

 

直接お肌を守る

マスクやメガネなど、直接お肌を守ってあげる事が大切です。

特にアレルギー症状が強く出る方の場合、この時期は出来るだけ外出を控えるのも一つの手です。

気温も上昇するので、窓を開けて過ごすのも気持ちよいですが、黄砂が多い日は控えましょう。

 

帰宅後はすぐに洗顔

外から帰ったらまず洗顔。

メイクを落として付着した黄砂など汚れを洗い流しましょう。

喉の症状が出る場合もあるのでうがいも必須です。

洗顔後は化粧水でしっかりと保湿をしてあげる事を忘れずに。

 

お肌のケアは優しく!

特に敏感になっているお肌は優しくケアする事が大切です。

摩擦をしないよう、洗顔料は良く泡立てて広げて伸ばします。

お肌を動かさないように広げるのが摩擦を防ぐポイントです。

洗い流す時は手ですくったぬるま湯で!

熱いお湯を使ったり、シャワーで直接流したりする事は控えましょう。

 

ビタミンで内側からのケア

活性酸素の強い酸化作用に対しては「抗酸化ビタミン」と呼ばれるビタミンA、ビタミンC,ビタミンEなどを積極的に摂取しましょう。

お肌が気になる方はタバコとアルコールは控えましょう。

タバコに含まれる「ニコチン」はビタミンCを破壊します。

アルコールは肝臓で分解されますが、その時ビタミンB1を消費します。

アルコールを多量に摂取するとビタミンB1が不足する事が有ります。

 

まとめ

五月は環境や生活リズムの変化がストレスとなり、自律神経のバランスが乱れがち。

黄砂に負けないよう体から整えお肌を守りましょう。

上田式美容鍼灸Ⓡでは体の状態から整える事で美肌を作ります。

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

※関連記事

錆びたり、焦げたり…身体とお肌で何が起こっているの?

「ストレス」と「自律神経」が及ぼす美容への影響とは?

顔だけ鍼をするのではないの…?心も体も整える「美容鍼灸」とは

GWに肌トラブルを起こさない為に!

「バリア機能」を低下させて敏感肌、乾燥肌を作ってしまう生活習慣とは?

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner