衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

抗酸化作用で老けない体作り!第七の栄養素「ファイトケミカル」とは?

上田式美容鍼灸Ⓡ、衣笠仲通鍼灸接骨院院長の加藤宏です。

 

食事が大切なのは言うまでもありませんが、大切なのは何を摂取するか、です。

身体にとっても美容にとっても良い効果を期待できる、

「ファイトケミカル」

についてお話します。

 

 

七番目の栄養素、ファイトケミカル

 

身体に必要な栄養素には何種類かあります。

まずは「三大栄養素」と言われるのが

 

・炭水化物

・タンパク質

・脂質

 

「五大栄養素」になると

・ビタミン

・ミネラル

が加わります。

 

さらに、「七大栄養素」では

・食物繊維

そして

・ファイトケミカル

が加わります。

 

 

「ファイトケミカル」って何?

ファイトケミカルとは「Phytochemical」と書きます。

「闘う」の「Fight」ではありません。

 

ギリシャ語で「phyto-」は「植物の」という意味で、

それに「化学物質」の意味の「chemical」が付いた言葉です。

つまり、植物の中で作られる化学物質という事になります。

 

広義では体にとって毒になる物も含まれますが、一般的には食べた時に身体にとって良い効果をもたらす物を指すことが多いです。

 

植物は紫外線の刺激や虫などの外敵から自分を守るために色や香り、ネバネバしたものや辛味などを出すファイトケミカルを作ります。

 

植物が生きていくために作られた成分が、食事で摂取する事で人間の体に入ってからも有益な効果を発揮してくれます。

他の栄養素の様に、不足すると欠乏症など身体に害があるという事はありませんが、体にとって良い効果があるので摂取するべき栄養素です。

 

どんな種類があるの?

野菜や果物に含まれるファイトケミカル、見た目で分類すると七色の種類に分ける事が出来ます。

 

リコピン

トマト、ニンジン、スイカなどに含まれます。

ガンや動脈硬化の予防、抗酸化作用があります。

カプサイシン

トウガラシやパプリカ、赤ピーマンなどに含まれます。

動脈硬化予防や抗酸化作用、コレステロールを調整する作用が有ります。

 

橙(オレンジ)

カロテン(プロビタミンA)

体内でビタミンAに変化する成分で、カボチャやニンジン、ほうれん草などに含まれます。

抗酸化作用やLDLコレステロール値を下げる作用が有ります。

ゼアキサンチン

トウモロコシやブロッコリーなどに含まれます。

眼病や視力などに良い作用があります。

 

黄色

フラボノイド

玉ねぎやレモン、ほうれん草などに含まれます。

血行促進や抗血栓の作用があり高血圧を予防する働きが有ります。

ルテイン

トウモロコシやホウレン草、ブロッコリーなどに含まれます。

抗酸化作用やガン予防、皮膚の健康を維持する作用が有ります。

 

クロロフィル

ほうれん草やニラ、ピーマンなどに含まれます。

抗酸化作用や血中の脂質を調節する作用、貧血予防の働きがあります。

 

アントシアニン

ナスやブルーベリー、ブドウなどに含まれます。

眼精疲労や加齢による視力低下に良い効果が有ります。

 

クロロゲン酸

コーヒーやゴボウ、ナスなどに含まれます。

血圧や血糖を調節する働きや抗酸化作用が有ります。

カテキン

緑茶やブルーベリーなどに含まれる渋みの成分です。

抗酸化作用、血圧やコレステロール値を調節する働きが有ります。

 

イソチオシアネート

大根やキャベツ、わさびなどに含まれる辛味や苦みの成分です。

抗酸化作用や殺菌作用、ピロリ菌に対しての効果が有ります。

硫化アリル

ニンニクや長ネギ、玉ねぎ、ラッキョウなどに含まれます。

抗酸化作用や殺菌作用、疲労回復作用などが有ります。

 

色鮮やかな食事を摂るとファイトケミカルをバランスよく摂取出来ます。

 

「ポリフェノール」って何?

ワインやチョコレートなどに含まれている成分で「ポリフェノール」という名前を聞いたことがあるでしょうか?

 

ポリフェノールとは、植物が光合成を行う時に作られる成分の総称であり、これもファイトケミカルの分類の一種です。

 

先ほど紹介した中ではアントシアニン、クロロゲン酸、カテキンなどはポリフェノール系に入ります。

 

その他、プロビタミンA、リコピン、ルテインなどの色素成分はカロテノイド系に分類されます。

 

ニンニクに含まれ臭いが特徴的な硫化アリルは硫黄化合物系に分類されます。

その強い臭いと高い殺菌作用が特徴的です。

 

 

身体に対する効果とは?

ファイトケミカルには成分によってさまざまな効果が有ります。

代表的な物は「抗酸化作用」です。

 

生きていくためには酸素が必要になり、人間は呼吸をする事で常に体に酸素を取り入れ続けています。

 

体内に取り込まれる酸素の内、約2%は「活性酸素」に変化すると言われています。

活性酸素は酸化作用がとても強い酸素です。

本来は悪い物ではなく、強い殺菌作用があり細菌やウイルスを殺して身体を守る働きがあります。

 

ところが、紫外線などの刺激やストレスなどが過剰になると活性酸素が増えすぎてしまい、害になる物だけでなく正常な細胞までも攻撃するようになります。

その結果、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、ガンなどの疾患の原因になります。

 

抗酸化作用のある成分は増えすぎた活性酸素を減らしてくれます。

つまりファイトケミカルの抗酸化作用が疾患を予防してくれる効果が期待できるのです。

 

 

ファイトケミカルで若返り!

活性酸素によって体は酸化してしまいます。

酸化とは酸素と結合する事、つまり「サビ」です。

サビ付くことで体は「老化」します。

老化する事で美容には悪影響が起こります。

 

シミ

日焼けをしてシミが残ってしまった…

これは、日焼けによってメラニン色素が増加し、そのまま残ってしまった状態です。

メラニン色素は皮膚を守る物で、紫外線を浴びると皮膚を守るために増えます。

 

メラニン色素が増えるのは紫外線だけではなく、活性酸素から身を守る為にも増加します。

紫外線だけでなく、活性酸素の強い酸化作用からも体を守るためにメラニン色素が増えます。

つまり、活性酸素が増えればメラニン色素が増加するので、シミの原因になるのです。

 

シワ、肌のたるみ

潤いやハリのあるお肌にとって大切なのは真皮層のコラーゲン線維です。

コラーゲン線維は網目状の構造を作っていますが、それが密になっているのが「肌理が細かい」状態、コラーゲンが減ったり線維が壊れたりしている状態が「肌理が粗い」状態です。

 

お年を重ねる毎にコラーゲンは減少し、紫外線や活性酸素によって壊されます。

そうなるとお肌のハリと潤いが無くなってしまいます。

 

くすみ

活性酸素が正常なお肌を攻撃するとターンオーバーが乱れます。

そうなるとお肌のハリが無くなったり、くすんだりする原因になります。

 

アンチエイジング効果

お肌が酸化してサビ付いた状態が「肌老化」です。

酸化は「しわ」「たるみ」「くすみ」「シミ」などの原因になります。

身体がサビ付く事も老化の一つです。

 

「サビ」「酸化」について詳しくはこちら↓

錆びたり、焦げたり…身体とお肌で何が起こっているの?

 

ファイトケミカルの持つ抗酸化作用で活性酸素を減らす事によって、お肌と体を若返らせる「アンチエイジング効果」が期待できます。

 

まとめ

炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素が不足するとエネルギー不足で体が機能しません。

身体を作る材料にもなるので最低限摂取しなければならないものです。

ビタミン、ミネラルは不足すると欠乏症になります。

 

ファイトケミカルは身体に無くても何か病気になるという物ではありません。

しかし、健康にも美容にも重要な働きがあります。

 

高い抗酸化作用を得て体とお肌を若返らせるために、バランスよくファイトケミカルを摂取しましょう。

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner