衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

夏だから、と安心できない!夏の乾燥肌の三つの原因と対策

上田式美容鍼灸Ⓡ 衣笠仲通鍼灸接骨院の加藤宏です。

 

お肌が乾燥するのは冬、今の時期は湿度も高いし大丈夫…

 

なんて安心しているあなた!!

 

お肌は夏でも乾燥します。

 

実際、カサカサのお肌が気になっているのではありませんか?

 

夏の乾燥肌の三つの原因

 

今の時期にお肌が乾燥する原因は大きなもので3点あります。

 

1 紫外線

2 空調

3 汗

 

 

言わずと知れた紫外線、きちんと対策出来ていますか?

日焼けでお肌が炎症を起こして肌荒れが出来ると水分が蒸発しやすくなるので乾燥肌を作ります。

 

また、エアコン完備の部屋にずっといると乾燥してしまうのは皆さん感じたことがあるかと思いますが、エアコンや扇風機の風を直接受けて涼んだりしているとなおさら乾燥が進みます。

 

そして最後の「汗」。

 

「お肌が湿るから良いんじゃないの…?」

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんので、

「汗」について詳しくお話していきたいと思います

 

汗は全て同じではない?

 

汗は肌にある「汗腺」という部位から分泌されます。

 

汗腺には種類があり、

1 エクリン腺

2 アポクリン腺

の二つです。

 

アポクリン腺の役割は「体臭を出す」事です

アポクリン腺から出る汗は水分だけでなくミネラルやタンパク質、脂質、アンモニアなどを含みます。

動物では仲間同士でコミュニケーションをとったり、お互いを認識しあうときに匂いを出します。

人間ではこのような方法を取る事は無く、アポクリン腺は退化して、身体の一部に限局されており、

陰部や肛門周囲、腋など限られた場所にあります。

 

 

一方、エクリン腺の主な役割は汗を出してそれが蒸発する時に温度が下がる、つまり体温調節です。

エクリン腺はほぼ全身に存在しています。

その汗はほとんどが水分で若干のミネラルや塩分を含み、匂いは少なくほぼ無臭です。

 

良い汗、悪い汗とは?

 

エクリン腺から出る汗はサラッとしていて匂いも少ないです。

これは、ミネラルが少なくほとんどが水分だからです。

サラサラの汗は蒸発しやすく、体温調節に働きます。

 

これが、いわゆる「良い汗」です。

汗は最初に作られた段階では水分以外の塩分などのミネラルを多く含みます。

しかし、汗として対外へ排出する前に、汗腺は身体に必要なミネラルを再吸収して水分だけを外へ出します。

その結果、水分が多いサラッとした無臭の汗=「良い汗」をかくことが出来ます。

 

空調の効いた部屋にいることが多かったり、運動の習慣があまりない方の場合、汗腺の働きが悪く再吸収できず、身体に必要なミネラルも一緒に汗として体外へ出てしまいます。

そのような汗はベタついており匂いも強いです

ベタついた汗は蒸発しにくいため体温調節の役割を果たさず、体内に熱がこもって、ひどい場合では熱中症などの原因にもなります。

これが「悪い汗」です。

 

乾燥肌の原因、「悪い汗」

 

お肌の表面は「皮脂膜」が守っています。

皮脂膜は皮脂腺から出る「皮脂」と「汗」が合わさって出来ます。

皮脂膜は水分の蒸発を防いでお肌の潤いを保ったり、ホコリなど外部からの刺激からお肌を守る役割があります。

皮脂膜を作る汗はサラッとした汗で、ベタついた汗では出来ません。

また、アポクリン腺から出る汗や、エクリン腺から出る汗でもミネラルの多いベタベタの汗の場合、肌がアルカリ性に傾きやすく細菌から肌を守ることが出来ず、細菌は好物のミネラルが大量にあるので繁殖しやすくなり、お肌にとって良い状態ではありません。

 

また、汗腺の働きが悪いと皮脂腺の働きも良くない事が多く、汗をかいた時に皮脂が流れてしまい、皮脂の分泌が足りず、結果的に皮脂が不足して皮脂膜の状態が悪くなります。

お肌を守る皮脂膜を作るにはサラサラの汗をかく事と適度な皮脂の分泌が必要になるのです。

 

お肌にも体にも「良い汗」をかくには?

では、お肌を守る皮脂膜を作るには何が必要でしょうか?

それは、「体を動かす習慣」です

運動して汗をかく習慣があると汗腺の働きは活発になり、良い汗をかけるようになります。

同様に、体を動かすと皮脂腺も活発になるので、サラッとした汗と適量の皮脂で皮脂膜の状態は良くなり、お肌を守ります。

 

また、運動が乾燥肌対策に良いのはそれだけではありません。

 

運動不足の方の場合、体の汗腺の働きが悪く汗をかきにくい場合があります。

このような方の場合、暑い環境下で汗を出して体温調節をしようとする時、体の汗腺の働きが悪いので体よりも普段良く動いているお顔から汗を出しやすくなります。

その結果、お顔の皮脂が汗で流れ出してしまったり、顔の汗を拭く頻度が上がり皮脂膜を痛めてしまう事で乾燥肌になってしまう事があります。

 

適度な運動で汗をかく習慣をつけると身体の汗腺を活発にすることでお顔からの発汗を減らす事が出来、その結果お顔の肌が乾燥するのを防ぎます。

 

大切なのは「適度な運動」そして…

 

「適度な運動」ですから、激しい運動をしなければならないという訳ではありません。

家で出来る体操や寝る前のストレッチなど、ご自分の出来る範囲のものからで大丈夫です。

 

でも、できれば軽く汗をかけるジョギングやウォーキングなどが良いでしょう。

終わったときに

「気持ちいい汗かいた!」

と感じられるくらいに体を動かすのが望ましいです。

 

そして、日頃のお肌のケアも丁寧にしてあげましょう。

汗を拭く時はゴシゴシこするのではなく軽くタオルで抑えるくらいにします。

洗顔時にはシャワーのお湯を直接顔にかけると皮脂が流れ出やすくなりますので、手ですくったお湯でやさしく顔を流します。

さらに、熱いお湯も皮脂が溶け出しやすくなる原因になります。

体温は36℃位ですが、体の表面の温度は30℃位になっています。

同じ30℃程度のぬるま湯で洗顔するのが望ましいです。

台所の洗い物でお湯を使うと手が荒れるのと同じです。

 

「汗がベタつく…」

「汗の匂いが気になる…」

 

そんなあなたは、もしかすると「良い汗」とかけていないかもしれません…

 

お肌の為に適度な運動で汗をかく習慣から始めてみましょう!

 

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner