衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

「年齢のせい…」とあきらめているあなたへ…!日常生活に潜む「ほうれい線」の10個の原因

上田式美容鍼灸Ⓡ、衣笠仲通鍼灸接骨院院長の加藤宏です。

 

当院に通われる方のお悩みでも特に多い「ほうれい線」

「年齢と共に出るものだから…」

と、あきらめていませんか?

 

「ほうれい線」って何?

「ほうれい線」とは、小鼻に始まり口の横まである線の事です。

そもそもは人相学で使われる言葉で、

解剖学的には「鼻唇溝(びしんこう)」と呼ばれる部位です。

口の上下を「上唇」「下唇」と呼びますが、

その内の「上唇」と「頬」との境目になっています。

 

本来は境界線としての役割の物なのですが、

お年を重ねる毎に深くなって目立ちやすくなります。

 

人相学的にはその人の「キャリア」や「経験」などが現れるとされており、

ほうれい線が全くないと貫禄が無くなったり幼く見えてしまったりします。

 

とはいえ、はっきりと深くシワが入ったほうれい線は、

見た目年齢で損をしてしまいます。

出来れば薄く目立たない状態にしたいですね。

 

 

 

なぜ「ほうれい線」が目立ってしまう?

境界線としての役目だけであるはずのほうれい線が、

目立つように深くなってしまうのは何故でしょうか?

 

原因は多く分けると三種類、

※肌に関する物

※骨格に関する物

※筋肉に関する物

があります。

 

「年だから…」

とあきらめている方!

原因はそればかりではありませんよ。

 

実は、日常生活で原因になる物が多く、

ちょっと気を付けるだけで対策出来ます。

 

 

 

肌から起こるもの

①紫外線

「紫外線」による肌トラブルと言えばまず思いつくのは「日焼け」でしょうか。

実際には、ほうれい線にも関係してきます。

 

5月頃から夏にかけて照射量が増える「UVB」は

真っ赤に日焼けする原因になります。

その後落ち着くと肌が黒くなり、それが残ると「シミ」になります。

 

一方、一年中照射量の多い「UVA」は

お肌の真皮層にダメージを与えます。

お肌にハリが低下し、

タルミ、そしてシワの原因になります。

そしてほうれい線が目立つようになります。

 

日焼け止めは夏だけ塗る、という方もいらっしゃいますが、

紫外線対策は一年中必要な物です!

 

特に、タルミの原因であるUVAは曇りの日でも地上に到達し、

窓ガラスも通過して室内に届きます。

曇りの日でも安心できませんし、

室内にいる時間が長くても窓際にいる場合には日焼け止めが必要です。

 

②糖化

余分な糖質はタンパク質と結合し、「最終糖化生成物(AGEs)」になります。

このAGEsは体の様々な箇所に蓄積し、トラブルの原因になります。

お肌に蓄積するとコラーゲンにダメージを与えて、

お肌のハリが低下してたるむ事によりほうれい線が深くなります。

 

甘い物が好きな方は要注意!

清涼飲料水やスイーツ、甘いお菓子には結構な砂糖が含まれています。

エネルギーとして消費されていれば良いのですが、

日頃あまり体を動かさない方は体内で糖質が余りやすいので、

運動の習慣、まずは歩く時間を増やす事から始めてはいかがでしょうか?

 

③睡眠不足

お肌は常に細胞が入れ替わっています。

これを「ターンオーバー」と呼びます。

 

正常なターンオーバーの為に必要なのが「成長ホルモン」です。

睡眠不足は、成長ホルモンの分泌が不足してターンオーバーが乱れます。

また、睡眠不足で新陳代謝が低下すると血行が悪くなり、

栄養や酸素などが隅々まで届かず、お肌の状態を悪くします。

 

睡眠不足の朝はお肌が…という経験をされた方も多いかと思いますが、

実はほうれい線が目立つ原因にもなります。

 

しっかり睡眠時間を確保するのが望ましいですが、

量だけでなく、睡眠の「質」も大切です。

 

特に睡眠直後の2時間は成長ホルモン分泌にとって大切な時間帯です。

目に光が入ると眠りが浅くなるので、

寝る直前には照明を落としたり、

スマホやテレビの使用は控えましょう。

一度血行を良くすると眠りが深くなるので、

寝る一時間前くらいに入浴や軽いストレッチなどで体を温めるのも効果的です。

 

④水分の不足

シワの原因の一つは「お肌の乾燥」です。

水分が足りないお肌はハリが無くなり、ほうれい線も目立ちます。

 

化粧水でお肌を保湿してあげる事も大切ですが、

体の中からのケアが出来ていないと良い状態にはなりません。

 

日頃からこまめに水分を補給する事、

特に、寝ている間に汗などでかなり水分が失われますので、

起床時にはしっかりと水分を摂りましょう。

 

 

骨格から起こる物

 

⑤頬杖

頭は一つの骨から出来ている…と思われがちですが

実は、23個の骨が組み合わさって出来ています。

アゴの関節のように活発に動く物もあり、

舌骨はノドの所で頭蓋骨から完全に離れていますが、

それ以外の骨は結合しているのではっきりとは動きません。

 

しかし完全に動かないものでは無く、若干動きがあり、

顔も左右対称ではありません。

 

ついついやってしまいがちな頬杖では

アゴから頬、最終的に頭の骨に強い圧がかかり続けます。

その結果、若干のゆがみが出来てしまします。

 

この状態では、ほうれい線も左右で深さに違いが出る事があります。

「片側のほうれい線が目立つのが気になる…」

という方は骨格が原因かもしれません。

 

⑥いつも同じ方で荷物を持つ

肩から掛けたり、手で持ったり、

荷物を持つときに同じ側ばかり使っていませんか?

 

人間の体は左右対称ではありませんが、

いつも同じ方ばかりに負担をかけていると

その左右差もさらに大きくなります。

 

このような体のバランスの崩れは顔の骨格にも影響します。

ほうれい線の左右差は姿勢からくる場合もあります。

背負うバッグが望ましいですが、

そうでない場合でも出来るだけ持ち換えたり

負担が均等になるように気をつけましょう。

 

⑦寝る姿勢

いつもと同じ向きでないと寝付けない…

という方もいらっしゃるかもしれませんが、

横向きで寝る姿勢は背骨の左右のバランスが崩れやすく、

下になる方の顔には常に圧がかかり続けます。

これが続くとお顔の骨格がゆがみ、ほうれい線も目立つ事があります。

 

お身体のバランスの為には仰向けで寝るのがベスト。

仰向けだと腰がツライ…という方は、

膝から太腿にかけての辺りにクッションなどをいれ、

軽く膝を曲げた状態にすると腰への負担が減るので試してみてください。

 

 

⑧足を組む

骨盤の状態もお顔に影響します。

背骨を通じて顔につながるという事も関係しますが、

頭の骨の若干の動き、肩甲骨の動き、骨盤の動きは実は連動しています。

その為、骨盤のバランスがお顔にも現れます。

 

骨盤の左右のバランスが崩れる原因として多いのは「足を組む」事です。

荷物を持つ、寝る姿勢、の話と同様に、

足を組む時にはいつも同じ方が上になっていませんか?

 

足を組まない方が良いのはわかるけど、ついつい組んでしまう…

という方は、座り方が安定していないからです。

 

椅子に浅めに腰掛けて、背中が丸くなり、

安定して座れないので足を組む…

となっている方が多くいらっしゃいます。

 

そうならない為に、椅子には深く腰掛けて、

しっかりと背もたれに寄りかかって座れば体が安定します。

そうすれば足を組みたいと感じなくなるでしょう。

椅子の高さが、座った時にしっかりと地に両足裏が着くものであればベストです。

 

筋肉から起こる物

 

⑨表情筋の弱化

シワやタルミの原因の内、

筋肉によるものは筋肉が弱くなってしまう事により起こります。

お顔の筋肉は体の筋肉に比べ、

目や口を動かしたりする事で動かされてはいますが、

例えば、パソコン業務など事務仕事をされる方と、

人と会話する事が多い接客業ではお顔の筋肉の使用にも差が有ります。

 

筋肉は弱くなると硬くなります。

お顔の筋肉の場合、

弱くなることで重力に負けて落ちやすくなります。

 

特に頬の筋肉が弱くなるとほうれい線に直接影響します。

 

頬だけでなく、

目回りから頬、口元からフェイスライン、首にかけてまで、

同じ筋膜を通じてつながっています。

 

という事は、目元が重たくなったり、こめかみの緊張がつよかったり、

といった事もほうれい線に影響してきます。

 

頬も含め、お顔全体の筋肉をよく使う事が大切です。

意識して筋トレをする方法もありますが、

人と会って会話する時間を増やす事などからでも

表情筋を良く使う事になり、

表情が豊かになり、ほうれい線も目立たなくなります。

 

⑩噛み癖

手や足と同じく、

アゴにも噛みやすい「効きアゴ」があります。

 

食べ物を口に入れて最初に噛み始めたり、

特に固い物を噛んだりする時には効きアゴを使う事が多いです。

多少使いやすい、くらいなら大丈夫ですが、

噛むのが片方ばかりに偏ってしまうと

良く使う方のフェイスラインがスッキリして、

使わない方がたるんでほうれい線が目立つ事が多いです。

 

特に、長期間治療していない虫歯を放置していると、

使い方が極端に偏ってしまい、

歯の事だけでなく、ほうれい線も含めたお顔のバランスや

顎関節の状態にも影響する事が有りますので、

我慢せず、速やかに歯科にかかりましょう。

 

 

ほうれい線を目立たなくするために…

年齢だから…

とあきらめている方も、

年齢以外に日常生活で結構当てはまるものがあったのではないでしょうか?

 

日常生活での10個の原因に注意していただければ、

ほうれい線が目立たなくなり、見た目年齢も若返ります。

 

どうしてもほうれい線が気になる、

という方は一度当院までご相談ください。

 

当院の美容鍼灸では、まずお身体の状態を整え、

さらにお顔の筋肉に鍼をしていきます。

ほうれい線に対しても、お顔の筋肉だけでなく、

体のバランスやお肌の状態も含めて施術していきます。

 

また、骨盤メンテナンスや小顔矯正など、

骨格に直接施術するメニューもご用意しております。

併せてご利用いただけば身体も含めてさらに効果が上がります。

 

気になるほうれい線を目立たなくして、

見た目年齢マイナス5歳から10歳を目指しましょう!

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner