衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

お肌にダメージを与えず、「紫外線」と上手に付き合う方法とは?

上田式美容鍼灸Ⓡ 衣笠仲通鍼灸接骨院の加藤宏です。

 

お肌のケアの基本として紫外線対策、

そして日焼け止めの重要性をこのブログでもよくお話させていただきます。

5月から6月、そして夏にかけて、

年間を通じても紫外線量が多い時期になります。

 

紫外線と言えば「日焼け」。

そしてその後に残る「シミ」。

それだけでなく、お肌のコラーゲン線維にダメージを与えて

「しわ」や「たるみ」の原因にもなります。

その他、体への悪影響はお肌だけではありません。

 

現代ではオゾン層破壊が進み、地上へ届く紫外線の量も昔より増えています。

外出の際の服装に気を付けたり、日傘や日焼け止めなどのアイテムの使用など、

季節を問わず紫外線対策は必要になります。

 

お肌も含めて体への悪影響が多い紫外線とは、本当に害ばかりなのでしょうか?

 

紫外線は体にとって「害」?

紫外線による、体への悪影響をまとめてみます。

 

真皮層へのダメージ

皮膚の三層構造の真ん中、

真皮層は主にコラーゲン線維と、

それを支えるエラスチンなどのタンパク質からなっています。

 

紫外線は、真皮層にダメージを与えてこれらのタンパク質を破壊します。

タンパク質が壊れるとお肌の弾力が低下し、

「ハリ」が低下した状態になります。

お肌の「たるみ」そして「シワ」の原因となります。

 

日焼け

日光に当たると肌が赤くなる、

というのを経験した事が有るかと思いますが、

これは肌が紫外線の刺激で「火傷」している状態です。

 

お肌は日に当たった時の皮膚へのダメージを減らす為に、

メラニン色素を増やして紫外線を吸収しようとします。

こうしてお肌が黒くなります。

 

ターンオーバーが正常な時には

メラニン色素も代謝されてしまい、

お肌は元の色に戻ります。

ところが、ターンオーバーが乱れていると、

皮膚の細胞が入れ替わるのが遅くなり、

メラニン色素が部分的に残ります。

これが「シミ」です。

 

皮膚ガン

紫外線の刺激により細胞のDNAが傷付けられます。

本来、細胞には傷を修復する事が出来ますが、

繰り返し壊されていると間違って修復され

突然変異を起こす事があります。

 

それがガンに関わる遺伝子である場合、

その細胞が勝手に増殖してしまい、ガンになります。

 

白内障

目でレンズの役割をしている「水晶体」という部位があります。

この水晶体はさまざまな原因で変性し、白く濁ります。

水晶体が全体的に濁ってくると視力低下の原因になります。

これが「白内障」です。

 

紫外線が目から入ると、活性酸素が発生しますが、

活性酸素は水晶体を変性させる原因の一つです。

 

肉体疲労

紫外線が目から入る事により、

全身でも活性酸素が発生します。

全身で活性酸素が発生すると、

交感神経優位の緊張状態になります。

緊張状態が続く事により肉体疲労の原因になります。

これから気温が高くなり、

汗をかいて疲れやすくバテやすくなりますが、

余計な緊張状態になると疲労もさらに増加します。

 

 

では、紫外線を全く浴びないようにすれば…?

 

では、日光を完全に避けて紫外線を全く浴びないとしたらどうなるでしょうか?

 

先ほど述べたように、紫外線は体に様々な悪い影響を与えます。

しかし、それだけでなく大切な役割もあるのです。

 

紫外線を浴びる事により皮膚でビタミンDが生成されます。

ビタミンDの主な働きは体内でカルシウム代謝を調節する事です。

ビタミンDが不足すると血中のカルシウム濃度が低下し、

補うために骨からカルシウムが取り出されて使われます。

これが続くと骨は弱くなってしまいます。

骨粗しょう症の原因にもなります。

 

つまり紫外線が不足するとビタミンDが生成されず、

骨が脆くなる事につながります。

 

乳幼児ではカルシウムが不足する事で、

骨が変形する「くる病」が起こります。

昔は食糧事情による栄養不足が原因により「くる病」が発生しました。

栄養不足が解消され減少していた「くる病」ですが、

最近また増加傾向にあるようです。

過度に紫外線から守られ過ぎてしまう事によるビタミンDの不足が原因と考えられています。

 

 

 

 

 

では、もっと日光を浴びた方が良い?

紫外線とは「百害あって一利なし」な物ではありません。

人体にとって必要な物です。

不足すれば害もあるのです。

では、積極的に日光を浴びた方が良いのでしょうか…?

 

最初に触れたように、

現代は「オゾン層の破壊」という環境問題を抱えています。

これにより地上に届く紫外線量が以前より増加しています。

そればかりか、今までは地上に届かなかった、UVCも届くようになっています。

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

油断していませんか?日焼け止めは一年中必要です

 

 

紫外線には、

真皮層にダメージを与えてシワやタルミの原因となるUVA、

真っ赤な日焼けの原因となるUVB、

皮膚ガンの原因になるUVC、

の三種類が有ります。

 

一番体にとって有害なUVCは、

今までオゾン層で吸収され地球上に届く事は有りませんでした。

しかし、オゾン層破壊が進む現在、UVCも地上に届くようになっているのです。

 

従って、紫外線が人体に欠かせない物とは言っても、

むやみに紫外線を浴びてしまうのも良くありません…

 

また、紫外線に対しての抵抗力には差が有ります。

人類の進化の過程において、

赤道付近の地域では紫外線の量が多いため人の肌は黒くなり、

北方の国々では紫外線量が少なく、肌が白くなりました。

しかし、移動手段が進化し海を越えて人間が移動できるようになると、

肌が白く紫外線の影響が強くて皮膚ガンになったり、

逆に黒い肌が紫外線を吸収し、体内で不足して「くる病」になったり、

といった問題が起こるようになったのです。

 

 

 

安心・安全な日光浴とは?

 

体に悪い影響を極力無くして日光を浴びる事が望ましいです。

どうすれば良いかと言いますと、

「手のひら」

で日光浴をすれば良いのです。

 

手のひらは体の他の部位と異なりメラニン色素が少なく角質が厚くなっているので、

日焼けをしにくく、シミやタルミなどの肌トラブルが起こりにくくなっています。

 

手のひら以外は帽子や日焼け止めでしっかり紫外線対策をして、

または室内や日陰などから手のひらだけを外に出して、

夏場では15分くらい、日光が弱い冬場は30分くらい、

手のひらで日光を浴びましょう。

 

日焼け止めを塗った際に手のひらについてしまった場合には、

洗って落としておきましょう。

 

 

 

日焼け止めを選ぶ際のポイント

 

UVAを防ぐ「PA+」

日焼け止めの強さを表す物に「PA+」と「SPF」の二種類が有ります。

 

「PA+」は紫外線の中でもUVAを防ぐ強さを表し、

 

PA+     効果が有る

PA++    効果が高い

PA+++   効果が非常に高い

PA++++  効果が極めて高い

 

の四段階に分かれます。

 

UVAは年間を通じて照射量が多く、

真皮層にまで届きダメージを与えて「シワ」や「タルミ」の原因となります。

雲やガラスも通過してしまうので曇りや雨の日、室内で過ごす時でも注意が必要です。

 

お肌のハリが低下しシワやタルミが気になる方や、

窓際で長時間過ごすことが有る方の場合などは

「PA+」が高い物を選びましょう。

 

UVBを防ぐ「SPF」

 

UVBを防ぐ強さは「SPF」で表されます。

UVBは皮膚が赤く日焼けしてしまう原因となります。

 

SPFは、紫外線を浴びて日焼けして赤くなるまでにかかる時間を

どれだけ伸ばすことが出来るか、を表します。

 

例えば、10分間日光を浴びると赤く焼けてしまう方がSPF30の日焼け止めを使う事により

 

10分×30=300分

 

つまり、赤くなるまでの時間が300分に伸びます。

 

日焼け止めを使う際の注意点

Processed with VSCO with c7 preset

使用する目的に合わせて

日焼け止めを選ぶ際、とりあえず強い物を選べば安心…と思いがちですが

お肌への刺激が強くなり、それだけ負担になります。

 

少しの時間外出するのか、

アウトドアでレジャーやスポーツを楽しむのか、

目的によって受ける紫外線量も変わりますので、

状況に合わせて使う物を選びましょう。

 

一度塗れば安心ではありません

日焼け止めはこまめに塗りなおしましょう。

暑い所では汗をかいて流れ落ちてしまいます。

流れ落ちなくても、

時間と共に日焼け止めの効果は薄れていきます。

 

効果が強い物を塗ったからといっても、

その効果はずっと続くものではありません。

むしろ、効果が弱い物だとしても

まめに塗りなおすことで効果は高くなります。

 

使用部位に合わせたものを

日焼け止めは顔用、体用と使用する部位が分かれている事が多いです。

顔と体では皮脂腺の数や皮膚の厚さなどが異なる為、

体用の物の方が強い成分が使われています。

 

体用の物は絶対顔には使用してはいけない、という訳ではありませんが、

お肌が敏感な方の場合、負担が大きくなってしまう事があります。

 

出来れば部位に合わせたものを使用する方がお肌には安心です。

 

ニキビが気になる方の場合…

ニキビの原因は、お肌の余分な脂です。

メイク落としやクレンジングオイルの脂分は洗い流せば大丈夫ですが、

日焼け止めは長時間お肌に残ります。

 

脂性肌の方の場合、油分が多いクリームタイプの物ではなく、

サラッとしたローションタイプの方が良いでしょう。

間違ったスキンケアは逆にお肌にダメージを与えます。

日焼け止めが合わない…?と感じる方は成分を見直してみましょう。

 

用途や部位に合った日焼け止めを使う事で、

余計な負担を掛けずにお肌ケアをする事が出来ます。

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner