衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

一日二回の〇〇でシミを予防し美肌を作る

日焼けしても、子供の頃は季節が過ぎれば元通り…

それが、いつからか日焼けするとその後のシミが気になるように…

 

紫外線は以前よりも強くなっています。

 

通年で紫外線対策は必要ですが、そろそろ紫外線がさらに強くなる時期でもあります。

 

気になるシミを何とかしたいという方へ、今日はシミの予防と改善に関してのお話です。

 

シミって何なの?

「シミ」とは、メラニン色素が皮膚に蓄積され、地肌の色より濃く見える部位の事です。

 

皮膚は紫外線を浴びる事でメラニン色素を生成する細胞である「メラノサイト」の働きが活発になり、メラニン色素を大量に生成する事で皮膚が黒くなります。

 

 

皮膚は紫外線を受ける事で、表皮を構成する角化細胞からメラノサイトへ「メラニン色素を生成しろ!」という命令が出されます。

 

メラノサイトは表皮の一番深い層である基底層に存在しており、作られたメラニン色素は角化細胞へと送られます。

 

メラニン色素を受け取った角化細胞は、通常は表皮の細胞の入れ替わりである「ターンオーバー」によって表面へと押し出されていきます。

 

最後は垢と共に剥がれ落ちていくので、メラニン色素も一緒に排出されます。

 

メラニン色素は増加しても排出されていくので皮膚の色は変わらずに保たれます。

 

ところが、

メラニン色素の作られる量と排出される量のバランスが崩れると蓄積してしまい、シミが出来る事になります。

 

増えたメラニン色素は紫外線を吸収してお肌を守る役割があるのですが、増えすぎたり蓄積したりするとシミとしてお肌のトラブルとなってしまうのです。

 

なぜシミが出来てしまうの?

ターンオーバーは通常では20代の健康な女性でおよそ28日と言われます。

これが乱れるとメラニン色素の排出が上手くいかずに、シミとして残ります。

 

例えば、大量に紫外線を受け続けるとメラニン色素の生成が増えます。

それだけでなく、紫外線によるダメージで表皮細胞の再生能力が低下してしまい、

ターンオーバーが乱れてメラニン色素が上手く排出されません。

 

このような細胞の入れ替わりの遅れは加齢による代謝の低下によっても起こります。

 

その他のシミを作る要因は「活性酸素」です。

 

酸素は他の物質を酸化させる働きがあります。

活性酸素とは、通常の酸素に比べ酸化する力が非常に強い酸素の事を言います。

 

活性酸素は決して悪い物ではなく、殺菌作用を持ち、細菌やウイルスなどを殺す働きがあります。

ところが、

活性酸素が増えすぎると正常な細胞まで攻撃してしまい、トラブルの原因となります

 

活性酸素が増加する事でターンオーバーも乱れてしまいます。

また、活性酸素もメラノサイトを刺激してメラニン生成を増加させます。

 

従って、

活性酸素が増えるとシミが出来る原因になります。

 

その活性酸素を増やす要因の一つが紫外線です。

その他、喫煙やアルコールの摂取、ストレスなどでも増加します。

 

それだけでなく、ストレス、喫煙、不規則な生活などにより血流が悪化してもメラニン色素の排出が上手くいかなくなり、シミの原因になります。

 

シミを作らない・悪化させないために

シミの予防にまず大切になるのが「紫外線対策」です。

 

紫外線について詳しくはこちらをご参照ください↓

油断していませんか?日焼け止めは一年中必要です

 

オゾン層の破壊等の要因により、地上に届く紫外線は以前よりも強くなっています。

従って、夏以外だからと言って安心できません。

日焼け止めはオールシーズン必要です。

そして、特に外にいる時間が長い時にはさらに日傘や帽子などでお肌を守りましょう。

 

日頃からのお肌のケアも重要なポイントです。

お肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線のダメージを受けやすくなり、ターンオーバーも乱れます。

化粧水での保湿など、普段のお手入れはとても大切です。

 

日常のメイクでも注意すべきことが有ります。

 

シミを隠そうとしてコンシーラーなどの化粧品を使う事が有るかと思いますが、

コンシーラーでの刺激、またメイクを落とす時にお肌にかかる負担が増えると色素沈着がしやすくなります。

隠そうとすることで逆に悪化してしまう事になりかねません…

 

厚塗りしすぎたり、お肌へ負担をかけすぎたりしないよう注意しましょう。

 

 

一日二杯のコーヒーがもたらす美肌効果!

 

美容には食生活も重要です。

 

今回はシミへの効果が高い「コーヒー」についてお話します。

 

コーヒーがなぜ良いのかと言うと、

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」です。

 

クロロゲン酸は非常に高い抗酸化作用を持ちます。

活性酸素を除去してくれるので、メラニン色素の生成が抑えられ、角化細胞がメラニン色素の取り込むのを抑制します。

 

活性酸素の増加は真皮層のコラーゲン線維にもダメージを与え、コラーゲンが減少するとお肌のハリが低下して「たるみ」「シワ」の原因となります。

 

抗酸化作用によりシミだけでなくハリを維持してお肌を若々しく保ってくれます。

 

また、コーヒーと言えば「カフェイン」はおなじみですが、

カフェインの働きで交感神経が興奮して血行が促進されます。

 

新陳代謝が活発になると乱れたターンオーバーを整えて、シミの予防・改善にもつながります。

血行改善によりお肌の血色が良くなりくすみが改善すると、シミも目立ちにくくなります。

 

お肌の事ばかりでなく、クロロゲン酸とカフェインの持つ脂肪分解作用はダイエットをする方にもおススメです。

さらにカフェインは利尿作用があり、余分な水分を排出して「むくみ」の改善にもつながります。

 

美肌以外にも美容面で色々とうれしい効果が有ります。

 

 

良いからと言って飲み過ぎてしまうと…

何かに良いからと言って量が過ぎれば悪い面が有るものです。

カフェインは中毒性があります。

 

一度に大量に摂取すると…

 

※循環器…心拍数増加、不整脈など

※消化器…胃が有れる事により、嘔吐や胃痛など

※中枢神経…脳が刺激され感覚過敏、精神錯乱、幻覚や幻聴など

 

などの急性症状が起こる事が有り、非常に危険です。

 

また、長期に渡って大量に摂取し続けると、

 

※睡眠障害

※頻尿

※頻脈

 

などの慢性症状が出る恐れがあります。

 

急性カフェイン中毒は短時間に大量のカフェインを摂取すると発症します。

1~2時間あたり1gを超えるカフェインを摂ると発症、

5gを超えると死に至る恐れがあります。

 

コーヒーカップ一杯(約150cc)のコーヒーに含まれるカフェインはおよそ90mgです。

短時間に10杯を超える程飲むという方はあまりいないかと思われるので大丈夫かと思いますが…。

 

しかし、

一日のカフェイン摂取量が250mgを超えると睡眠に影響が出る恐れがあります。

従って、

1日に3杯を超えると睡眠障害などが出る可能性が有ります。

1日2杯を限度に飲めば悪影響は無さそうですね

(個人差もあるのでご注意を!)

 

睡眠不足でお肌が有れる、という経験をされた方も多いかと思います。

紫外線等によって壊れたお肌を修復する働きを持つのは「成長ホルモン」です。

 

成長ホルモン睡眠直後の深い眠りに入る時に大量に分泌されます。

従って、睡眠の質が悪いとダメージを受けたお肌の回復が不十分になってしまうのです。

 

カフェインの摂り過ぎにより睡眠の質を落としてしまうと、肌荒れにもつながります。

 

ですので、一日二杯を目安に、コーヒーの良い効果だけを受けて美肌を手に入れましょう!

 

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner