衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

「背中ブス」から脱却する方法

上田式美容鍼灸Ⓡ 衣笠仲通鍼灸接骨院の加藤宏です。

 

ダイエットを意識したり、自宅やジムで筋トレしたり、

既に取り組まれている方もいらっしゃるかと思いますが、

皆さんは体のどこを意識されているでしょう?

 

全身、まんべんなく鍛える事が理想です。

それでも、トレーニングでも好き嫌いや得手不得手が有ったり、

ついついおろそかになる部位がありがち。

そんな中でも、特に注目していただきたいのが「背中」です。

背中はおろそかにされがちな部位。

そして、おろそかにしてしまうと…

 

身体に重要でない部分はありませんが、

特に意識して筋トレに取り組んでいただきたい理由があります。

 

なぜ背中が意識されないのか

では、そんな大切な部位である背中、なぜおろそかにされてしまいがちなのでしょうか?

 

※自分で見えないから

自分で直に見る事が出来る腕や足、鏡で簡単に見る事が出来る肩から胸にかけて、

などといった部位とは違い、

背中は自分で見る事が日常でほとんどありません。

鏡を使っても簡単には見る事は出来ません。

すぐに見る事が出来る部位は筋トレの効果も確認しやすく、

変化にも気づきやすく結果にも満足しやすいものです。

しかし、確認できない背中はついついおろそかになってしまいがちです。

 

※トレーニングに手間がかかる

「畳一枚分のスペースがあればトレーニングは出来る」

などとよく言われます。

例えば腕や胸を鍛えるプッシュアップ、下半身を鍛えるスクワット、

腹筋を鍛えるシットアップなどはスペースと体だけあればできます。

ところが、背中を使う動作は「引く」のが主です。

引く動作をするには何かを持ち上げる他、懸垂などのようにどこかにつかまって行う等、

何かしらの道具が必要になります。

場所さえあればどこでもトレーニング出来る他の部位と比べて、

背中のトレーニングは取り組むにあたって少しハードルが上がります。

 

※背中に利かせるのが難しい

先述のように「引く」動作を行う場合、慣れていないとついつい腕を主に使ってしまいます。

気を付けないと腕を屈曲させる「上腕二頭筋」ばかりに効いてしまうかもしれません。

例えば懸垂では、頑張って上がろうとすると腕に頼ってしまいがちです。

背中を鍛えたいのであれば、背中の筋肉を意識して行う事が大切ですが、

少し慣れが必要になります。

無理に重い負荷をかけてしまうと、前腕の筋肉ばかりに効いてしまう事もあります。

 

 

背中が弱いと何が悪いの?

背中の筋肉が弱い事で、実は色々なトラブルにつながります。

 

一番の大きなものは「不良姿勢」

 

背中の筋肉が弱いと、悪い姿勢になってしまいます。

日常生活では、体の全面の胸の筋肉が使われることが多いです。

前側の胸の筋肉が強くなり、後ろ側の背中の筋肉が弱くなると、

前後で筋肉のバランスが崩れてしまいます。

 

専門用語で言えば「上位交差症候群」、馴染みのある名前で言うと「猫背」です。

胸椎の後ろへの湾曲が強くなり背中が丸くなる「猫背」、肩が前にせり出す「巻き込み肩」

緩やかに前に湾曲しているはずの頸椎がまっすぐになる「ストレートネック」等々、

上位交差症候群は様々な体のアンバランスが出ます

 

長時間のスマホの使用により、このような状態になる方が非常に増えています

 

これにより、首や肩の筋肉に過剰に負担がかかり首こりや肩こりが強くなったり、

血流が悪くなったり、内臓の働きが低下するなど、様々な体調不良につながります。

 

そして、それだけでなく見た目にも残念なことに…

背中を丸めた姿勢はなんとなく疲れた印象を与えてしまい、

それだけで見た目年齢数年は損してしまいます。

 

 

 

背中を鍛えると?

 

では、筋トレ、特に背中を意識して鍛える事で体はどうなるでしょうか?

 

姿勢改善してお悩み解消!

「姿勢が悪い!」と言われてシャキッと背筋を伸ばしていい姿勢をとったとしても、

長くは続きません。

それは、支える筋肉が弱いからです。

だらしない姿勢は筋肉よりも骨に頼っており、確かに楽です。

しかし、長時間続くと関節に負担を掛けて「変形性関節症」の原因になったり、

丸くなった背中で引き伸ばされた筋肉には実はかなりの負担がかかります。

姿勢を支える筋肉をしっかりと鍛える事で、良い姿勢を維持するのも楽になります。

意識して良い姿勢を維持し続けるのはつらいですね。

鍛えた筋肉で無理なく体を支えてあげましょう。

 

基礎代謝アップ!ダイエットに効果的

ダイエットをするにあたって重要なのは「基礎代謝」です。

筋肉量が増える事により筋肉がどんどん熱を作るので基礎代謝が上がります。

有酸素運動の方がエネルギーの消費量は多いのですが、

筋肉量を増やすことでよりやせやすく、太りにくい体を作る事が出来ます。

だから、ダイエットには筋トレも大切。

背中の筋肉は大きな筋肉が多く、鍛えればそれだけ基礎代謝も上がりやすくなります。

効率よく消費エネルギーを増やすことが出来、やせやすい体を作ります。

 

 

美しいボディーラインを作る!

自分では見えにくい背中も、他人からは良く見えるもの。

前から見て美しくても、後ろから見て貧弱な背中ではガッカリです。

背中を鍛える事で、すっきり引き締まったボディーラインを作る事が出来ます。

特にボディーラインに関わるのは「広背筋」

姿勢の改善にも大きくかかわりますし、

面積の大きな筋肉でもあるので、基礎代謝を上げる効果もバッチリです。

 

 

どんなトレーニングが良いの?

 

ジムへ通われている方であれば

〇ラットプルダウン

〇ダンベルローイング

〇ベンドオーバーローイング

等々、マシンやダンベル、バーベルなどを使ったトレーニングも色々あります。

ただ形をまねるだけでは腕に頼ってしまいがち。

慣れないうちはトレーナーさんにしっかりと教わって、

重たい負荷を上げる事よりも、しっかりと背中を動かす事に意識を集中しましょう。

 

なかなかジムに通うのは…という方の為に、

まずは自宅で簡単に取り組める物という事で、水の入ったペットボトルと椅子があれば簡単に出来る背中のトレーニングをご紹介します。

 

ポイントは

※腕を曲げて引く事よりも肩甲骨の動きを意識して引く

※手で強く握ると前腕の働きが強くなるので、引っ掛けるだけで強くは握らない

※上腕を捻るとより広背筋に効果

等です。

 

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner