tel:046-852-6395

テニス肘について

「テニス肘」とは、30代から50代ほどの年齢の人たちによく見られる、肘の関節の外側に痛みが発生する障害のことを指します。

正式には「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」という肘の病気です。

テニス肘の症状と原因について

症状について

具体的な症状については、肘の関節の外側が何もしていない時でも、寝ている時でも痛かったりだるかったりする、手首を上に反らすと手首に痛みが出る、ものを持ち上げたりタオルを絞る時などに肘の関節の外側が痛むなどがあげられます。

原因について

なぜこのような痛みが発生するのかその原因については、肘の使いすぎが一番の原因です。実際にテニスをしている場合には、練習のしすぎであったり、体に合わない打ち方をしている、自分に合わないラケットを使っていることなどが原因です。

また仕事などにおいて腕を繰り返し使っている場合にもなりやすいです。対処法としては、安静にするのが一番であり、痛む部分に熱を持っているのであれば冷やすようにします。

重たい物を持ち上げたり、肘の外側に痛みが生じないような行動を行うことが大切です。

テニス肘でお悩みの方は当院にお任せください

当院では丁寧な検査とカウンセリングを行い、それぞれの症状に合った方法で根本的な解消へと導いていきます。当院の施術を受けられる前と後では、感覚が全く変わっていることを実感していただけると思います。

他の治療院ではあまり改善されなかった方もぜひ一度、衣笠仲通鍼灸接骨院にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

まずはお気軽に電話からご予約ください。『衣笠仲通鍼灸接骨院です。』とスタッフが電話に出ますので『ホームページを見て予約したいのですが』とお伝えいただき、お悩みの症状や希望のメニューをお伝えください。

ご来院をお待ちしております。

tel:046-852-6395

★ LINE予約はこちらから ★

衣笠仲通鍼灸接骨院

所在地:〒238-0031 神奈川県横須賀市衣笠栄町1-70