顔のしわの解消

しみはなぜ出来るのか?

しみが出来る原因は大きく分けると三つあります。
①メラノサイトの活性化
②ターンオーバーの乱れ
③炎症

①メラノサイトの活性化

「メラノサイト」とは、色素細胞、メラニン細胞とも呼ばれ、メラニン色素を産生する
細胞の事を言います。
メラノサイトが活性化して大量にメラニン色素を産生してしまうと、シミになります。
この活性化の原因となるのが
・紫外線
 紫外線の中でも「UVB」がメラノサイトを活性化します。UVBは280~320
㎚の波長を持ち、大半が表皮で吸収され、日焼けの原因となります。
・活性酸素
 活性酸素は非常に酸化する力が強く、本来は体内で細菌などを殺してくれるので必要
な物ですが、過剰に増えると自分の身体を酸化してしまい、細胞の老化が進みます。
 活性酸素は生活習慣の乱れやストレス、喫煙、紫外線(UVA)などにより増えます。

 

②ターンオーバーの乱れ

 表皮の細胞の入れ替わりを「ターンオーバー」と言います。
日焼けしてメラニン色素が沈着した皮膚はターンオーバーにより入れ替わり、元の色に
戻ります。
 しかし、ターンオーバーが乱れていると一部がシミとして残ってしまいます。
 食事や睡眠などの生活習慣の乱れやストレス、乾燥、喫煙などがターンオーバーの乱れの原因となります。

③炎症

 ニキビの炎症が強く痕が残っていると紫外線の刺激などでシミになる場合があります。
 その他、肌荒れなどでもシミが出来やすくなります。
 クマやシミが気になり、隠そうとしてメイクをしすぎると化学反応により色素沈着を起
こし逆に悪化してしまう事があります。
 また、メイクを落とす際にもお肌の負担となります。ゴシゴシこする洗顔や誤ったスキ
ンケアなどでお肌に強い刺激を与えてしまう事も炎症を起こす原因となるので注意が必要
です。

 

シミを改善するには

上田式美容鍼灸Ⓡでは、まず全身の状態を確認して自律神経のバランスを調える鍼をして
いきます。
自律神経のバランスとターンオーバーを整え、代謝を高めて肌質を改善していきます。
合わせて、シミの局所に対する鍼で細胞の入れ替わりを早めてシミを薄く目立たなくして
いきます。

赤ら顔の除去

赤ら顔の除去

 

「赤ら顔」とは、顔が赤くなる状態の総称です。
大きく分けると、原因は
①血管によるもの
②皮膚そのものが赤くなっているもの
の二つになります。

 

血管によるものは、血管が拡張して皮膚から透けて見える事で赤くなるものです。
緊張する事で顔が赤くなってしまう「赤面症」もここに含まれます。
他には、温度の変化などで血管が拡張して起こります。
のぼせやすい方の場合、体内の熱が上昇しやすいので赤ら顔になりやすい事があります。
これらの血管の拡張や熱の上昇は自律神経のバランスの乱れによって起こります。
体質や誤ったお肌のケアなどにより皮膚が薄くなっている方の場合、透けやすいので赤ら顔になりやすいです

 

古い角質が溜まった状態はお肌に良くありませんが、過剰に角質を落とし過ぎると表皮が
薄くなり、透けて見えやすくなるだけでなく、皮膚のバリア機能が低下してしまうので炎
症も起こしやすくなります。

 

皮膚そのものが赤くなる原因は「炎症」です。
肌荒れやニキビなどによる炎症で赤くなります。
乾燥肌、敏感肌の方はちょっとした刺激で炎症を起こしやすくなります。
また、極度に乾燥すると皮膚はその状態から脱しようとして過剰に皮脂を分泌してしまい
逆に脂性肌となるとニキビが出来やすくなったり、皮脂が酸化して炎症を起こすので赤ら
顔になりやすくなります。
こちらも大切なのは正しいお肌のケア。脂が多いからと言って洗顔をし過ぎるとお肌に負
担を掛けたり、余計に皮脂が分泌されることで悪化する事につながる恐れがあるので、優
しい洗顔と保湿が大切です。

 

h2>赤ら顔の施術について

皮膚の血管の働きを調節しているのは自律神経です。自律神経のバランスが乱れているとお顔の毛細血管が拡張して血流が滞り、赤ら顔になります。当院の美容鍼では必ずお体の
状態を確認して自律神経を調整する鍼をさせて頂きますので、内面から調う事で状態が良
くなります。特に、体内の熱がお顔に上昇しており、のぼせやすかったり、逆に脚が冷
えるなどにお悩みの方も多く、それらの症状に対してもバランスを整えていく事が必要です。
自律神経の乱れはお肌のターンオーバーの乱れにもつながり、また肌荒れやニキビの原因
にもなります。お顔に鍼をするだけでなく、全身を調える事が大切になります。