衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

最も老けて見える?「マリオネットライン」を無くす方法

上田式美容鍼灸Ⓡ、衣笠仲通鍼灸接骨院院長の加藤宏です。

 

見た目年齢を上げてしまう要因にはいくつかありますが、

その中でも「シワ」は大きな原因です。

シワの中でも特に老け顔を作る物の一つである、

口元に出来る「マリオネットライン」についてお話します。

 

「マリオネットライン」って何?

「マリオネットライン」とは、

口元からアゴの辺りにかけて出来るしわの事を言います。

 

いわゆる「ほうれい線」が鼻から口元辺りに出来る物であるのに対し、

マリオネットラインは別名「第二ほうれい線」「二重ほうれい線」とも呼ばれます。

頬から口元の辺りのタルミによって出来るシワです。

 

マリオネットとは、人形劇などで使われる操り人形の事です。

腹話術の人形でもそうですが、口が開く作りになっているので

口の横には切れ目が入っています。

たるんで出来たシワがこの切れ目のように見える事からこのように呼ばれます。

ブルドッグの様にも見えるので「ブルドッグライン」とも呼ばれる事も有ります。

特に40代以降に目立つようになり、悩まされる方が増えます。

 

 

マリオネットラインが出来るとどうなる?

人相学的には、ほうれい線はその人のキャリアや経験が現れ、

ほうれい線があると貫禄があり、アゴにまで長く伸びたほうれい線は

長寿の相を表すとも言われます。

ほうれい線も含め、顔のシワは人相学的に悪い事ばかりではありません。

 

では、マリオネットラインはどうかと言うと…

口元からさらに長く伸びたほうれい線ではなく、

途中で切れているともいえるマリオネットラインの場合は

人相学的にはあまり良い相ではないようです。

 

はっきりと出来たマリオネットラインは

ほうれい線以上に見た目年齢を上げてしまいます。

ほうれい線が全くないと、貫禄が無くなって若いというより幼く見え、

ある程度年齢を重ねている方の場合逆に損かもしれませんが、

マリオネットラインは老けて見えてしまい、

出来れば目立たなくしたいものです。

 

マリオネットラインは何故出来るの?

筋肉が衰える

一番大きな原因は筋肉の衰えです。

具体的な筋肉名で言うと

 

「広頚筋」の弱化

「口角下制筋」の拘縮

「小頬骨筋」・「上唇挙筋」の弱化

「口輪筋」の拘縮

 

によって起こります。

 

「広頚筋」は胸から首、アゴにかけて表面にある筋肉です。

例えば、牛などではハエが寄ってくるのを追い払うために広頚筋を動かします。

人間ではあまり大きく動く筋肉ではありませんが、

弱ってくるとたるんできたり、しわになったりと言った事が起こります。

 

「口角下制筋」は広頚筋とアゴの骨から始まり、口角に付きます。

緊張する事で口角を下方へ引く働きをします。

 

「小頬骨筋」は頬から口元にかけて、「上唇挙筋」は上唇にかけて存在し、

弱くなると頬を引き上げる事が出来ずタルミが出来ます。

 

「口輪筋」は口の周りを輪のように囲んでおり、

緊張する事で口を閉じます。

拘縮するとマリオネットラインやほうれい線が目立つ原因になります。

 

これらの筋肉がなぜ拘縮や弱化してしまうのでしょうか?

それには、生活習慣が大きく関わっています。

以下の項目にどれくらい当てはまるでしょうか?

 

  • 柔らかい食べ物が好き
  • ●硬い食べ物が苦手
  • ●良く噛まずに飲み込んでしまう
  • ●あまり人と会わない
  • ●会話する事が少ない
  • ●笑う事が少ない
  • ●運動の習慣が無い
  • ●頬杖をつく事が多い
  • ●姿勢が良くない
  • ●かみ合わせが悪い

 

咀嚼や発声など、

口を動かす事が少ないと筋肉は弱くなります。

弱くなった筋肉は拘縮してしまいます。

こうなると筋肉の動きは悪くなり、

重力に負けて下がりやすくなります。

また、頬杖や姿勢などでの左右差でも

片側だけシワが目立つ事があります。

 

 

脂肪の下垂

加齢などにより新陳代謝が低下して皮下脂肪の肥大化が起こると頬が重たくなります。

また、先述のように筋肉の働きが悪くなると皮膚や脂肪を支えられなくなります。

重力に負けて頬がたるみ、シワが目立つようになります。

 

乾燥肌、肌の弾力低下

お肌の乾燥はシワの原因の一つですが、

たるんだ所が乾燥しているとクッキリしたシワが出来やすくなります。

さらに、お肌の弾力性が低下しているとさらにシワが目立ちます。

 

お肌の真皮層には「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」といった

タンパク質が存在し、お肌の弾力を保っています。

これらのタンパク質は真皮層の線維芽細胞によって作られます。

紫外線によるダメージ、ストレスによって増加する活性酸素、

加齢などの要因によって線維芽細胞自体の数が減少したり、

働きが悪くなったりする事によって、

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減少してお肌の弾力が無くなります。

 

マリオネットラインを出来ない様にするには?

充分に保湿する

ほうれい線、マリオネットラインだけでなく、

シワの原因の一つは「乾燥肌」。

加齢や生活習慣によってお肌の水分量、皮脂の量が減少します。

皮脂が不足すれば水分の蒸発が進みます。

お肌の乾燥はシワだけでなく、

「くすみ」「シミ」といった肌トラブルの原因にもなります。

水分と脂分を補う事でしっかりとお肌をケアしてあげましょう。

 

食事、栄養のバランス

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といったタンパク質は体内で作られます。

この時、材料として使われるのが「アミノ酸」です。

アミノ酸はタンパク質が分解され作られます。

無理なダイエットなどでタンパク質が不足するとお肌に悪影響です。

また、筋肉にもタンパク質が必要です。

マリオネットライン対策にタンパク質は重要な栄養素です。

さらに必要なのはビタミン、ミネラル。

特に、ビタミンCと鉄分は体内でのコラーゲン産生を促進します。

 

表情筋の筋トレ

 

「あいうえお」エクササイズ

あいうえお、と声に出しながら口を動かすエクササイズですが、

単に口を開けたり閉じたりするのではなく、

日頃使われていない筋肉を意識してしっかり動かすことが大切になります。

鏡を見ながら行いましょう。

 

 

あ…大きく口を開けて「あ」と声に出します

  アゴだけで開くのではなく、上唇もしっかりと上げて開きましょう

  ポイントは「歯」がしっかり見える事です

 

い…「い」と声に出しながら口を横へ開きます

 

う…「う」と声に出しながら口をすぼめます

  口をとがらせて前方へ出します

 

え…「え」と声に出しながら、口角を斜め外方へと引き上げます

 

お…「お」と声に出しながら口をすぼめます

  この時、唇を前方へ出して鼻の下を伸ばすようにします

  額に力を入れてしまうと額のシワの原因になるので注意しましょう

 

一言ずつ区切らず、「あ~い~う~え~お~」というように

続けて行います。

 

この運動により、弱化した筋肉を鍛えて

、拘縮した筋肉をストレッチして伸ばす事が出来ます。

筋肉を動かすことにより血流も改善してお肌の新陳代謝も上がり、

お肌の乾燥や弾力低下も改善してシワが目立たなくなります。

 

特に、就寝中はあまり動かずお顔も固くなっていますので、

起床時に行うとお顔の筋肉も柔らかくなり、

血流も良くなるのでオススメです。

 

マリオネットラインに対する美容鍼灸

当院で行っている上田式美容鍼灸Ⓡでは、

身体の状態を整え、さらにお顔に鍼をします。

シワには乾燥などお肌の状態が関わりますが、

これはお身体の状態が現れています。

美容鍼灸とは、単にお顔に鍼をするだけでなく体を整える物です。

身体のバランスを整えればお顔に大量に鍼をする必要はありません。

弱化した筋肉を刺激して動きをよくしたり、

拘縮した筋肉を柔らかくしたりする事により、シワを改善します。

これには、原因となる筋肉に対してピンポイントで鍼をしていくので、

使う鍼の数は非常に少なくて済むのです。

 

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner