衣笠仲通鍼灸接骨院メインイメージ

「肌理(キメ)」って一体何?きめ細やかなお肌を作る5つのポイント

上田式美容鍼灸Ⓡ 衣笠仲通鍼灸接骨院の加藤宏です。

 

お肌の状態を表す時に、良く「肌理(キメ)」という言葉が使われます。

「肌理が細かい」「肌理が粗い」といった感じで使われますが、

そもそも、「肌理」とは一体何なのでしょうか?

そして、「粗い」とか「細かい」というはどのような状態の事をいうのでしょうか?

 

「肌理(キメ)」とは?

お肌の構造は、体の外側(体表)から

「表皮(ひょうひ)」

「真皮(しんぴ)」

「皮下組織(ひかそしき)」

の三層構造になっています。

 

この内、真ん中の真皮層は70%が「コラーゲン繊維」で占められ、別名「コラーゲン層」と呼ばれます

コラーゲン線維が細かく網目状に並んで、それを「エラスチン」というたんぱく質が支える構造になっています。

この網目の構造が細かく、びっしりと詰まった状態になっているのが「肌理が細かい」

コラーゲン繊維やエラスチンが壊れ、隙間があいたような状態が「肌理が粗い」

となります

 

実際に肌理を見てみましょう

ご自分の手の甲をご覧いただけますでしょうか。

お肌の表面には細かい溝が沢山あると思いますが

この溝を「皮溝(ひこう)」と呼びます。

そして、溝と溝の間の皮膚が盛り上がっている所を「皮丘(ひきゅう)」と呼びます

皮溝が細く、皮丘が小さい状態のお肌が「肌理が細かい」

皮丘が大きくなってしまった状態のお肌が「肌理が粗い」

ということになります。

 

肌理細やかなお肌を作る重要な5つのポイント

肌理が細かいお肌は平らで光を均一に反射するので透明感がある明るいお肌になります

逆に、肌理が粗いお肌は光を吸収してしまうので、輝きのない、くすんだ透明感の無いお肌になってしまうのです。

 

肌理の細かさは生まれつきの要素も関係しますが、日頃のお肌のケアをきちんとしてあげる事で肌理細かく、良い状態を保つことが出来ます

 

肌理が細かい状態を保つポイントは5つあります

 

  • 紫外線対策を十分にする

紫外線は真皮層のタンパク質にダメージを与え、コラーゲン繊維やエラスチンが破壊されます

コラーゲン線維が切れてしまったり、エラスチンが壊れる事で網目状の構造を保つことが出来なくなり、

お肌のハリが無くなるので肌理は粗くなり、皮膚のタルミやシワの原因にもなります。

一年を通じて見ると3月頃から紫外線量は増加し、5月頃から8月頃にピークを迎えます。

春から夏にかけての紫外線対策が重要なのは言うまでもありませんが、

今や紫外線は一年中多いものです。

特に、主に表面で吸収され日焼けやシミの原因となる「UVB」に比べ、深部にまで届き真皮層にダメージを与えてしわやたるみの原因となる「UVA」は夏以外でもそれなりに照射量が多いです。

一年を通じて、時期を問わず日焼け止めは必須アイテムです。

 

  • お肌の保湿を心がける

乾燥は肌理の粗いお肌を作ります

・洗顔

 ↓

・化粧水でしっかりと保湿

 ↓

・クリームでフタをして乾燥からお肌を保護

 

という流れで乾燥からお肌を守ってください

 

正しいお肌ケア

洗顔は大切ですが、強くこすったりするとお肌を傷めます

古い角質が溜まった状態も良くありませんが、角質を落とし過ぎても乾燥肌になりやすくなります

また、シャワーのお湯を直接お顔に当てると水圧でお肌から皮脂が溶け出しやすくなります。

シャワーのお湯の温度が高くても皮脂が流れ出してしまい、お肌が守られず乾燥肌を作ります

皮膚の表面の温度は約30℃です。

一般的なお湯の温度は40℃位なので、お顔に対してはもう少し温度が低めのぬるま湯が望ましいです。

お肌に良いつもりでしっかり洗っているようでも、逆効果になっている恐れもあるのでご注意ください。

 

  • 自律神経のバランスを整える

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の二つがあります

どちらが良い、という事ではなく、そのバランスが大切です。

多くの方は仕事が忙しかったり不規則な生活時間などによりストレスが大きく、

体が緊張状態で「交感神経優位」になっている事が多いです

自律神経のバランスの乱れはお肌の「ターンオーバー」や「皮脂の分泌」の乱れにの原因となります。

その結果、「乾燥肌」や「脂性肌」の原因となります

生活習慣を見直したり、適度なストレス発散によりバランスを整える事も大切です

 

  • 正しい食事

脂を摂りすぎれば過剰な皮脂の分泌につながり脂性肌の原因になります。

そのような食事の内容だけでなく、時間的に規則正しい食事を心がける事も大切です。

また、腸は神経細胞が沢山集まっており、その数は脳に次いで多いので別名「第二の脳」とも呼ばれています。

腸と脳は「脳腸相関」と呼ばれる密接な関係が有り、腸内環境は自律神経のバランスにも関係します

お仕事柄、時間を規則正しくするのが難しい方も、せめて食事の内容には気を付けたいですね。

 

以上、5つのポイントをご紹介しました

お肌のケアに気を付けるポイントは身体の状態にも関係する事が多いですね。

やはり、体の状態が整っていてこその「美しさ」です。

LINEで送る
Pocket

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner