tel:046-852-6395

顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺とは?

顔面神経麻痺とは、主に顔の筋肉(表情筋)を動かす働きをする顔面神経が脳あるいは脳から筋肉までの間で問題が起こる事で生じる疾患です。

顔面神経麻痺には、脳に原因がある「中枢性顔面神経麻痺」と、それ以外の「末梢性顔面神経麻痺」に分類されます。

顔面神経麻痺になると、味覚異常やめまいを感じる患者がいます。大きな音に通常より敏感になる場合がある疾患で、ウイルスが原因の方はヘルペス等を保有していて疲れていたり免疫の低下が原因で発症しやすくなります。

鍼灸は特に末梢神経性の顔面神経麻痺に良いとされています。

顔面神経麻痺の原因と症状

  • チェックボックス目を閉じることが出来ない
  • チェックボックス目の開き方の左右差がある
  • チェックボックス額にしわが出来ない
  • チェックボックス口角が上がらない、笑いにくい
  • チェックボックス口を閉じる事が出来ない
  • チェックボックス口笛が吹けない
  • チェックボックス食べたり飲んだりしたものをこぼしてしまう
お悩みイメージ

等の症状があります。

発症初期には顔の筋肉が動かせない症状から始まり、長引いて後遺症の状態になると勝手に動いてしまう、例えば目を動かそうとすると口が動いてしまうという「共同運動」と呼ばれる症状が現れます。

顔面神経麻痺の主な原因の代表的な例はウイルスや外傷やストレスです。味覚異常や涙や唾液の分泌がおかしい等で気がつく方がいます。糖尿を持病で持っていると注意が必要です。

なぜ顔面神経麻痺になるのか?

中枢性

脳梗塞、脳出血などの脳の病気によって顔面神経に指令を送ることが出来ずに麻痺が起こります。

末梢性

顔面神経に障害が起こり脳からの指令を伝えることが出来ずに麻痺が起こります。

寒冷刺激や感染などによって起こる「ベル麻痺」、帯状疱疹ウイルスによって起こり耳鳴りや難聴を伴う事が多い「ハント症候群」、ケガによって神経が損傷することによって起こるものなどがあります。

顔面神経麻痺に対する施術の流れ

発症直後の急性期においては早く治療を受ける事が大切で、病院でのステロイド等の投薬を始めとした西洋医学的な治療を受ける事と、さらに鍼灸の施術を合わせて受ける事で回復を早める事が出来ます。

後遺症として残った顔面神経麻痺は鍼灸を継続して受ける事で回復が望めます。

脈診や腹診によって身体の状態を把握し、手足やお腹のツボを使って全身の状態を整えていきます。ストレスが原因になる事もあるので、自律神経のバランスを整える事は大切です。

全身の状態を整えた上で、顔面神経やお顔の筋肉に対して刺激をしていきます。顔面神経麻痺では日常生活でのセルフケアも大切ですが、鍼灸の施術を受ける事で顔の筋肉の拘縮をやわらげ、突っ張りや痛みを軽減し、お身体をリラックスさせる事でセルフケアを円滑に行えるようになります。

顔面神経麻痺でお悩みの方は当院にお任せください

お顔のお悩み、お身体のお悩みに関わらず全て原因があります。当院では全ての患者様にオーダーメイドの施術を行うだけでなく、一人一人の患者様をしっかり向き合ってじっくりお話をお聞きして施術に当たり症状を改善していきます。
少しでもきになる症状があれば衣笠仲通鍼灸接骨院にお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

まずはお気軽に電話からご予約ください。『衣笠仲通鍼灸接骨院です。』とスタッフが電話に出ますので『ホームページを見て予約したいのですが』とお伝えいただき、お悩みの症状や希望のメニューをお伝えください。

ご来院をお待ちしております。

tel:046-852-6395

★ LINE予約はこちらから ★

衣笠仲通鍼灸接骨院

所在地:〒238-0031 神奈川県横須賀市衣笠栄町1-70