ぎっくり腰治療について


「ぎっくり腰」とは、「急性腰痛症」の俗称で、突然腰部に激痛が走る疾患の事です。
その痛みの出方から欧米では「魔女の一撃」と呼ばれます。

原因は、腰椎椎間板ヘルニアによるものや腰部の関節の捻挫、筋肉の挫傷、筋膜の炎症など様々です。つまり、ぎっくり腰(急性腰痛症)とは、疾患の名前ではなく症状を表した名前です。

 

治療の流れ


ぎっくり腰は腰をひねったりといった動作で痛めたものですが、その動作だけが問題という訳ではなく、前段階としてお体の状態が良くない事が原因にもなります。

当院では脈診や腹診などでお体の状態を診させていただき、手足やお腹のツボに鍼で刺激をしていくことで全体を整えていきます。

それだけて痛みが和らぐ事が多く、状態を診て患部に近いところに鍼をしていきます。

 

腰痛治療のよくある質問

Q.なぜ、ぎっくり腰になるのですか?

A.よくある原因としては、「重いものを持ち上げて」とか「急に体をひねって」などがあります。

「何もしていないんだけど」と言われる方も多いですが、内臓や骨の疾患等からの腰痛を除き、大体は腰に負担をかけている事が多いです。 腰に先述のような原因により衝撃が加わり、関節や筋肉を傷めて起こります。

とはいえ、重いものを持つときにいつも腰を痛めるわけではありません。痛めてしまうのには疲労が溜まっていたり、筋肉が固くなっていたりといった原因が有ります。弱くなった状態の腰に、かがむ、ひねるといった動作で衝撃が加わって起こります。

Q.ぎっくり腰になったらどうすれば良いのですか?

A.すぐに治療をするのが良いのは確かですが、無理に動くと悪化する場合もあります。

少しでも動くのが辛い、痛みがひどい場合はまずは安静にすることです。 患部を痛めた直後に無理に動くと状態をひどくする場合もあるので、まず安静にして痛みの様子をみましょう。

患部に熱がある、かがむ、ひねるといった動作による原因がある場合には水や氷などで冷やしましょう(次項参照)。

Q.冷やした方が良いのですか?それとも温めた方が良いのですか?

A.腰も含めてお風呂にゆっくりつかる等により温めるのが良いですが、ぎっくり腰も含めてどこか痛めている場合はそうとは限らない場合もあります。

ぎっくり腰の場合、痛みが出て患部に熱がある場合は冷やした方が良いです。 炎症が起きているのでそれを抑た方が痛みも治まり回復も早まります。

慢性的に腰が痛い場合は温めて血流を良くする事で筋緊張をやわらげる事で楽になる事もあります。 ポイントは「炎症」があるかで、触れて熱っぽい感じがしたら冷やしておくのが良いでしょう。

Q.鍼は痛くありませんか?

A.鍼は0.2mm以下程の太さの物で、多少チクっと響くような感じがしても時間とともに感じなくなる方がほとんどです。

また、痛いところに鍼をすると思われている方も多いですが、患部に強い刺激をすると悪化させてしまう場合もあります。
当院では体の状態を整える事を含めてあまり患部を刺激をしない施術を行っていきますのでご安心ください。

 

まずはお気軽に問い合わせください

f2 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると衣笠仲通鍼灸接骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんので希望の施術日とご希望をお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 営業情報

button

LINEからも予約をお受けしております

line_banner