ぎっくり腰治療について



「ぎっくり腰」とは、「急性腰痛症」の俗称で、急に腰が痛くなる状態の事です。

何らかの原因で突然腰部に激痛が走り動けなくなってしまいます。

その痛みの出方から欧米では「魔女の一撃」と呼ばれます。

ぎっくり腰(急性腰痛症)とは、疾患の名前ではなく、症状を表した名前です。

原因となる疾患には、

・腰椎椎間板ヘルニア

・腰部の関節の捻挫

・腰部の筋肉の挫傷、筋膜の炎症

などがあります。

腰に何らかの衝撃や負担がかかる事でこれらの疾患が起こります。

腰痛治療のよくある質問

Q.なぜ、ぎっくり腰になるのですか?

A.腰に何らかの衝撃が加わったり、
負担がかかったりする事により起こります。

よくある原因としては

・重たい荷物を持ち上げた

・かがんで荷物を取ろうとした

・立ち上がろうとしたときに捻った

・起き上がろうとして捻った

・くしゃみをした

等があります。

 

「何もしていないのに急に痛くなった…」
と言われる方も多いですが、内臓や骨の疾患などからくる腰痛を除き、
大体は何かしら腰に衝撃や負担がかかる原因が有ります。

腰部に先述のような原因により衝撃が加わり、関節や筋肉を傷めて起こります。

とはいえ、重たい物を持ち上げれば必ず腰を痛めるという訳では無く、
大して重たくない荷物でも痛めてしまう場合もあります。

つまり、腰部に力が加わって痛めてしまう前段階として、

・長時間のデスクワークや立ち仕事、

・腰に負担がかかりやすい姿勢を取ってしまう、

・日頃からの不良姿勢、

などの原因によって、

 

・腰に疲労が溜まっている

・筋肉が硬くなって動きが悪くなっている

・支えている筋力が弱い

など、衝撃や負担に耐えられない状態になっている腰に、
かがんだり、ひねったりといった動作で衝撃が加わって起こります。

Q.ぎっくり腰になったらどうすれば良いのですか?

A.痛めてしまった物の処置は早ければ早いほど予後が良い物です。

可能であればすぐに治療を受けるのが良いのは確かですが、
無理をして動くとさらに症状を悪化させてしまう場合もあります。

少しでも動くのが辛い、痛みがひどいという場合には、
とにかく安静にすることです。

患部を痛めた直後に無理して動くと状態をひどくする場合もあるので、
痛みが少しでも楽になる姿勢を取って安静にしましょう。

患部に熱がある、かがんだりひねったりといった動作による原因があるといった場合には水や氷などで冷やしましょう(次項参照)。

Q.冷やした方が良いのですか?それとも温めた方が良いのですか?

A.普段の状態では、腰も含めて身体はお風呂にゆっくりつかる等により
温めて循環を良くするのが望ましいです。

しかし、ぎっくり腰も含めて何かしら痛めているときには
そうとは限らない場合もあります。

ぎっくり腰の場合、痛みが出てから患部に熱がある場合は冷やした方が良いです。

痛めている事で炎症が起きているので、
冷やす事でそれを抑えてあげた方が痛みも治まり回復も早まります。

気を付けるポイントは冷やしすぎない事です。

ずっと冷やし続けると、冷え切った体は逆に温まろうとして血流を良くします。
その結果、炎症が強くなり症状が悪化する場合が有ります。

10分程度を目途に、一度常温に戻してまた冷やすという事を繰り返します。

また、冷やす時は水と氷を使うのがベストです。

氷を直接使うと0℃以下になり凍傷になる怖れがあります。

水に入れた氷であれば、0℃より下がる事は有りません。

水や氷が無い時には保冷剤などを代用しても良いですが、
0℃以下に冷えてしまう事があるので注意しましょう。

慢性的に腰が痛い方の場合は温めて血流を良くする事で筋緊張をやわらげる事で楽になる事もあります。

ポイントは「炎症」があるか無いかで、触れてみて熱っぽい感じがしたら冷やしておくのが良いでしょう。

Q.鍼は痛くありませんか?

鍼は0.16mmから0.2mm程度の太さの物で、何も感じない方も多く、
多少チクっと響くような感じがしても時間とともに感じなくなる方がほとんどです。

また、痛いところに鍼をすると思われている方も多いですが、
患部にいきなり強い刺激をすると悪化させてしまう場合もあり、
当院では体の状態を整える事を中心に痛みをやわらげていき、
患部への刺激は少ない方法でやっていきますのでご安心ください。

治療の流れ

1 問診

ぎっくり腰は腰をひねったりといった動作で痛めたものですが、
その動作だけが問題という訳ではありません。

痛める前段階としてお体の状態が良くない事が原因にもなります。

痛めた原因なども含めて、日常生活での事などを詳しくお聴きしていきます。

2 施術

脈診や腹診などでお体の状態を確認していきます。

その後、主に手足やお腹のツボに鍼で刺激をしていくことによりお身体全体を整えていきます。

それだけで痛みが和らぐ事が多いです。

状態を診て患部に近いところにも鍼をしていきます。

3 指導

日常生活での注意点などをお話します。

症状が改善した後は再発を繰り返さないように、
日頃できる運動やストレッチの指導を行います。

 

腰痛の治療について

腰痛は急性腰痛と慢性腰痛という種類に分類されます。

 

急性腰痛とはいわゆる「ぎっくり腰」の事で、物を持ち上げた、無理に身体を捻った、などの原因で腰部に急に激しい痛みが出て動けなくなってしまう物です。
ほとんどは4週間程度で痛みが消失します。

慢性腰痛とは、なんとなく腰が重たい、痛いといった症状が長期に渡って続きます。

はっきりと痛めた原因が無い症状や、急性腰痛を繰り返しているうちに痛みが続くようになってしまう症状などがあります。

 

ここでは慢性腰痛についてお話します。
(急性腰痛は「ぎっくり腰の治療」をご覧ください)

腰痛はなぜ起こるのか?

腰痛は原因疾患の有無により

・特異的腰痛

・非特異的腰痛

の二つに分けられます。

特異的腰痛とは、はっきりと原因が特定できる症状を言います。
腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、圧迫骨折、腫瘍、内臓の疾患などです。

 

非特異的腰痛とは原因が特定できない症状を言います。
画像診断などで原因がわからないものや、骨や椎間板などの変性があってもそれが腰痛とは関係ない場合もあり、これらも非特異的腰痛に含まれます。

非特異的腰痛は腰痛全体の85~90%を占めており、原因がはっきりしない腰痛は非常に多く、沢山の人々を悩ませています。

 

腰痛の種類

筋・筋膜性の腰痛

筋肉は「筋膜」という膜につつまれており、伸び縮みする際に膜の中を滑るようにして動きます。

 

これが、筋肉を傷めてしまったり、使い過ぎてしまったり、疲労が蓄積したりすることなどにより筋肉が凝り固まってしまい
この凝りによって筋肉と筋膜の動きが悪くなったり、血液循環が悪くなったりすることにより痛みを生じるようになります。

椎間板性腰痛

「椎間板」とは背骨の間にあるゼリー状の組織で、クッションの役割を果たしています。

水分が多く含まれていますが、年齢と共に乾燥してくると柔軟性が低下して痛めやすくなります。

椎間板に負担がかかって中身が飛び出してしまったものが「椎間板ヘルニア」です。

椎間板が硬くなって柔軟性が低下したり、なんらかの負担で傷ついてしまったりすると痛みを生じるようになります。

椎間関節性腰痛

背骨と背骨の間には「椎間関節」という関節があります。

関節面には軟骨があり、この軟骨がすべる事で関節が動きます。

腰部に無理な負担がかかり続けているとこの軟骨がすり減ってしまったり、炎症が起こったりすることにより痛みが生じます。

心因性腰痛

慢性的な腰痛では単に急性腰痛が長引いているという物ばかりでなく、様々な心理的因子が絡み合っている場合があり痛みが改善しない傾向があります。

 

腰を痛めたことがあるというだけでなく、仕事や人間関係などのストレス、精神状態なども関与します。

現代はストレス社会であり、仕事や家庭など周囲の環境のストレスに対するケアも必要です。

腰痛の治療について

腰痛は原因のはっきりしない非特異的腰痛が多く、ただ痛みの有る所だけを治療していても改善が見られないことも多いです。

当院では脈診・腹診などで患者様のお身体の状態を全体的に確認し、主に手足やお腹のツボを使い自律神経のバランスを整えていきます。

さらに症状が出ている筋肉、関節などに対して治療をしていきます。